【Fairbanks フェアバンクス】夏のアラスカ旅行 レンタカーを借りる際の注意事項

今回の記事は、

  • 『アラスカ Fairbanks』に旅行に行くことを計画している方。
  • アメリカ事情や体験談などに興味がある方

に、簡潔にレンタカーを借りる際の注意事項を書いていきたいと思います。

まず日本、

他国からやアメリカ国内から来られる方に一番初めに伝えたい注意事項は、

空港で車が借りれないことがある。

です。

これはあらかじめ来る前から予約をしていけば解決しますが、

わたしのように気分で旅行を決めて現地でなんでも直感で決めていくという方には、

初めにしっておいた方がいい情報です。

わたしは、いつも勢いで旅行を決めるので予約もせず、空港でどうせ借りれるでしょと思っていた矢先、レンタカー借りれませんでした。

特に、夏のバケーションシーズンになると空港でのレンタカーはほぼ完売でした。

運よくトラックなどは余っていて借りれるようでしたがなんと、

一日$200以上かかってしまいます。

自動車保険なども持っていなければもっとかかります。

ひとりでの旅行や長期の滞在になると、レンタカー代だけで頭が痛くなりますね。

一週間もいれば、ホテルに食事にレンタカーにとんでもない額にきっとなります。

わたしの計算では$3000は軽く超えましたので食べ物で贅沢するともっとかかるでしょう。

レンタカーが空港で用意できなくてもまだ方法があります!

『Alaska Auto Rental』公式サイト: https://alaskaautorental.com/

彼らは救世主でした。

サービスも最高超で、
現地の人でしか分からない地元情報をすべて丁寧に教えて頂きました。

オーロラの現地情報はもちろんのこと、

わたしの大好きなブルワリー情報、コーヒーショップ情報などなど。

すべて必要な情報がここで手に入りました。

レジーナさん有難う。

写真ではすべて写せていませんが今度おすすめのコーヒーショップやレストランの記事も書きたいと思います。

話を戻しますと、

わたしは一番安価なシボレーのマリブをレンタルしました。

車のレベルでいけない道路も出てきます。

わたしの借りた車(セダンなどの一般車両)では、

規制があり、行けるところが限られます。

もし、オーロラのスポットでも有名な『Coldfoot』まで行きたい方は、

大きいサイズの車を借りる必要があり、

更には道によっては運転規制があります。

そしてその道をレンタカーで通る時に追加料金がかかります。

計算してもらいましたが、

シボレーマリブで、舗装されていない道を行かない場合は、

ウインドシールドの保証(一日追加$10)も付けて約$880くらいになりました。

7日間のSUVレンタルで、$2500(保険もかけないで)位すると言われました。

Most rental car companies do not allow you to drive on unpaved roads. Although the “Alaska Highway” and “Dalton Highway” may sound like smooth freeways, they actually fall into the “unpaved” category.

The girls who goes/top3 things to know about renting a car in Alaska/Jul 15, 2017

上記のブログからも記載があるように、

ほとんどのレンタカー会社は、

舗装されていない道路に行く場合に制限がされており追加料金を払う必要があります。

しかしながら小さな車でも、

『Chena Hot Springs』『Fairbanks downtown 周辺』『Denali National Park』(※小さい車ではDenali Highwayを通っては行けませんので注意が必要です。)などは行けますので結構回れますので、

もしワイルドな旅行でなく観光であれば小さいサイズの車でも十分楽しめます!

アラスカオートレンタルのスタッフが、

詳しく教えてくれると思いますので現地についてからレンタルする前にその旨を伝えてみるといいでしょう。

わたしのブログの英文を見せれば何がききたいのかも相手が分かると思います。

本当にいい人たちなので、『Alaska Auto Rental』は、本当にお勧めです!

価格は、大手の空港で借りれるような『enterprise』『hertz』などの方が価格は少し安価かもしれませんが、

わたしは少し多く出してもこのレンタカーをおすすめしたいと思います。

普通のレンタカー会社では経験できないほど温かい接客とサービスが待っていますよ。

お水のボトルも無料でもらえます。

近年アメリカのインフレの影響やcovid-19ですべての価格が上がりました。

やはり、

ホテルやレンタカーで$1000も$2000もしてしまうと美味しい料理を食べようにもセーブしてしまうかもしれませんし、

ホテルや車にお金をかけることでアラスカ本来の自然やお魚料理が楽しめなくなっては本末転倒です。

ホテルも『airbnb』公式サイト:https://www.airbnb.com/

などを活用がおすすめです。

正直、

どのランクのホテルも本当に高いです。

上記の写真は、Google Map から引用

大体のホテルが一泊$100を超えています。

高いところは$400なんてことも。

オーロラを観たい人がほとんどだと思うので長期滞在になるとAirbnbを活用するほう格段に安価で旅費を抑え、

ご飯や体験の方にお金を使えます。

わたしのようなキャンプ好きは、

キャンプサイトに行くので一泊の価格は、$15~$40前後になります。

わたしの調べでは、大体のキャンプ場は$20でした。

もちろん今回は、

飛行機で『Fairbanks』にやってきたのでキャンプ道具は一切ありません。

レンタルのサービスもあるのでGoogleで Alaska Outdoor Gear Rental Fairbanksで検索すれば出てきます。

今回わたしの場合は、

レンタルせずにWalmartでマットと薄い寝袋を購入しました。

FairbanksにはWalmartもあるので大抵のキャンプ道具は購入出来ます。

車はこんな感じですね。

マットが大体、$30~$50で、薄い寝袋は$10です。

実はこのアイテムだけでは夏でも夜は寒いので夜中に起きてしまいました。

個人的には、厚着で寝るか、ブランケットもしくはもっとあたたかい寝袋で対応するのがいいでしょう。

わたしは、バックパック一つで来たので(スーツケースなし)持って帰れるサイズのモノを揃えたらこの二つでした。

車の暖房を使うのも手ですが、

もうひとアイテム追加で薄めのブランケットがあればどうにか快適に寝れると思います。

今回は、アラスカ旅行のFairbanksでのレンタカーを借りる時の注意事項をご紹介させて頂きました。

ノープランでもなんとかなるのが、

ここアメリカの大きなところです。

まとめに注意すべき点は、

  • 車は事前予約しておかないと完売になる可能性が高い。
  • 車の種類によって行ける場所が限られる。(シボレーマリブのような乗用車などは、ラフな道に行くようであれば追加料金がレンタカー会社によってはかかる。)
  • ホテルは、Airbnbがおすすめ。(普通のホテルは、高いので長期滞在向けではなく、それなりに覚悟が必要。)
  • もしホテルではなくキャンプ場で自然を楽しみたい場合は、夏でも夜はまあまあ寒いのでRVなどではないテントや車内で寝るなら、ブランケット、ちゃんとした寝袋、などの暖かく出来るアイテムが必要。

以上になります。

初めて来られる方は、いろいろと料金やどのくらいの予算がかかるのか心配な方も多いと思います。

是非今回の記事でなにか参考になってもらえたら幸いです。

読んで頂きありがとうございました。

ご旅行も安全で良い旅になることを祈っています!

それでは、また。

禅人

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です