やりたいことがない、つまらないと感じたらまず自分を好きになることを始めよう

やりたいことがない時ってあると思います。

たぶん、一度はなんかつまらないなぁなんて思った事ある方いると思います。

わたしは、

割と好きな事をして生きてきている方だと思える機会が増え、

最近は減りましたが、

たまにつまんないなー。って思うことがありました。

だから、いつも考える事は他のなにかで補うこと。

例えば、

とりあえず気が乗らなくても誰かと居たり、

楽しくないと思うこともある集まりに顔をだしたり、

今、無理にしなくてもいい仕事をしたり。

なにやら自分に無理をさせていた気がします。

なにをするにも誰かが一緒でないと楽しくないと思ったり、

何かしていないと落ち着かないし、

不安で孤独で、

どうにか、周りにわたしは価値のある人間と認めてもらうために必死だったような気がします。

でも、それではいつも本当に楽しむことが出来ないことに気が付きました。

人生を楽しむには、まず自分を好きになることが重要です。

つまんないと思うのは、それはまだ自分を愛せず自信がないからだと気が付きました。

自分を好きになれずに価値がないと思っていれば、

確実に楽しい事でさえも、つまらないと感じてしまうでしょう。

 

////やりたいことがない、つまらないと感じたらまず自分を好きになることを始めよう////

最近の気付きの中でも、『今』に生きると同じぐらい重要な事だと思います。

一番最初にすることは、自分を好きになることです。

どんな自分でも。

本当に自分のことをこころのそこから嫌な人なんてこの世にいません。

好きだけど、嫌いと思わせる根本は、きっと自信がないだけです。

 

わたしは自分に自信を付けようと、

サルサダンス教室に行ったり、ボクシング、海外渡航、ギター、起業、スカイダイビング、などさまざまな事に挑戦しました。

怖い思いや、恥ずかしい思いもたくさんしました。

合う合わないもやってみないと分からないし、とりあえず挑戦で逆に自信をなくしてしまったこともありました。

もちろん新しい事への挑戦で自信を付けるのもありです。ただ、気持ちも上がったり下がったりしますし、何事を行うにも最低限の自分を信じる事は必要です。

なので、

自身の経験から自信をつけるのは、一番最初がいいと思いました。

付けるという言い方がちょっと違うのかも知れません。

どう自信を持つか、です。

わたしは、人間皆、自信を初めから持っていると思います。

でも、大人になるにつれて、

いろいろな周りからの批判、言葉の暴力や抑制、社会への適応性など評価され、

自信を無くしてしまっているとも言えます。

今出来ることに目を向ける事が、

初めから持っている自信を復活させる鍵になると気が付きました。

なんでもいいと思いますが、

わたしの場合は、

筋トレと読書です。

これは極論ですが、

基本は、好きな自分でいられる時間を作ることです。

散歩するのだって出来ることの一つです。

毎朝ただちゃんと起きるだけを習慣にすることも、自信を持つことができます。

別に試合で勝たなくたっていいんです。

お金持ちにならないとダメってわけでもありません。

彼女がいなくたって自信を持っていいんです。

わたしは、人よりも何か出来ないと自信を持つことが出来ないと考えていました。

だから今、

わたしたちは初めから自信を持っている、という考えに至るまでにわたしが行ったいろいろな挑戦は、

自信を持つ為ではなく、自分を知る為にあながち間違ってはいない行動でした。

わたしの場合は、自分のペースでやれて、他人との競争がないことが好きなんだと気が付きました。

筋トレは、プロであれば競争意識しますが、競争意識ないです。

読書は、競争なしです。

これで、自分が競争することが嫌いなんだなと分かります。

資本主義での競争嫌いは致命的かもしれませんが、

自分の意思を高めるためには、

しなくていい事は、しなくていいと思います。

自分を好きになることに、競争や他人の価値観は関係ないからです。

自分を知り、好きになってからの競争は、またそれ自体も違う視点で見れるはずです。

自身を好きになることで、徐々に世界が変わるはずです。

もっと自分を大事にすることで、

仕事も恋愛もこれからも、

きっと違う視点で、

ものごとを考えられるようになり、

人生のつまらないと思っていたことが、

180度変わる。

その為には、

勉強、仕事、恋愛、夢、名誉、セックス、お酒、遊び、お金、スキル、などのすべての自己の願望や欲求よりも先に、

自分をしっかり持ち、

自分を好きになる努力に最初に投資するほうが、

間違いなく充実した人生を送ることが出来ると思います。

と言うのは、

自分が嫌いでは、

何も楽しむ事は出来ません。

出来てもほんの一瞬の快楽にすぎません。

自分を好きになることは、

何者であるかを知る事でもありますし、

好きな事しているときは、きっと楽しいはずです。

好きな自分で、好きな事をするのはもっと楽しいはずです。

世の中は複雑なようで、単純です。

自分の人生なんだから、自分が主役でいいんです。

他がどうこう言おうが関係ありません。

わたしたちは自分を愛す事を、後回しにしがちですが、

一番重要な事です。

つまらないなぁなんて感じたら、

きっとまだ自分に自信が持てず、自分の事が好きになれていないので、

さくっと自分を自身で好きになれるような時間を作っていけたら、

いつのまにか、

ただ自分が存在しているだけでも素晴らしく、

ありふれた日常からも幸せがあることに気付き、

そんなことを考える時間は、少なくなっていくでしょう。

 

禅人

 

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です