もっと自分を愛せ

ボクシングを始めてから、

今までに経験したことがないくらい背中が筋肉痛です。

少しずつ正しいフォームでパンチが出来ているのではと感じ、うれしくなりました。

昨日、クリスチャンである昔からの友人と食事に行きました。

その時、彼が、聖書ある一説を話してくれました。

それは、発した言葉を信じればその通りになる、と言うことでした。

わたしは、勝手にその言葉を『自分をもっと愛せ』と解釈しました。

自分が発した言葉をたまに信じれなくなる時があります。

例えば、

お金持ちなり、

大きな家を買い、素敵な奥さんと素敵な家族を作る。

が昔よく口にしていた言葉で、

現在は、

お金は生きられる程度でいいから、自分らしく自由に人生を過ごす事。

友達は、既婚者で奥さんと子供2人。

現在、会社を設立したばかりでとてもやる気に満ち溢れている反面、

お金がたくさん必要な状況にストレスが見え隠れしているようにも感じました。

が、しかし、

彼に懸命さも感じました。

その彼の話を聞いて、

わたしはこころから今の自分が発した言葉を信じているのかが疑問になり、昨晩はずっともやもやしていました。

なんだかただ、今の自分は楽な生き方に逃げているだけではないのか、と。

仏教の言葉で貪欲があるように、

多くを求める欲は悪であり、今あるものに満足する事が良いとする。

昔思っていた事とは全く逆の考え方になろうとしていて、

それと葛藤し、苦しいのです。

彼と新しいビジネスの話をし、お金の話をしていましたが、どうも気が乗らないのです。少し前まで、何やら儲かりそうな話であれば積極的に取り入れようとしていました。

その当時の感覚はどこにいったのだろう、と。

きっと、どこか彼を昔の自分を見ているかのように感じ、

過去や理想とする未来の自分や周りと今のわたしとをすべて比較して、

もっとこうなっていれば良かったなんて考えてしまっているんだろうと思いました。

わたしは子供もいないし、将来を約束している奥さんもいません。

なので、大きい家も今のところは要りません。

しかし、これでいいのだと思っていた時に、

友達との比較や昔の執着が入ってしまい、

もやもや。

全く、修行が足りてません。

でも、そう思えるようになったのはきっと少しずつでも『自分にとっての正しいフォーム』で生きるように模索をしている段階、ではないかと思うようにしました。

 

////もっと自分を愛せ////

ただ言葉を発して、それを信じる事。

お金も素敵な奥さんも、家も、欲するものではないし、

きっと必要な時に必要なだけを受け入れる、だけでいい。

聖書の一説も、仏教の貪欲も、

言い方はまったく違えど、

ブレずにただ、もっと今の自分を愛す事が良い。

単純なようでこれが意外や難しい。

両方を組み合わせて、

今の自分にとって必要な考え方を、身に着けていきたいと思いました。

 

背中の筋肉痛ように、何か正したり考えたりするときは、常に痛みを伴います。

そしていとも簡単に今の自分を否定し、なにがいけないのかと、苦しむのです。

昨日までは、考えてもいなかった思いも寄らない自分の思考にわらけてきました。

苦難を受け入れて行く事。

そしてそれを成長と捉え、本来の自分を知る。

人生に正解があるかなんてわからないし、

あれこれ考えず、

またもやもやした時は、

ただシンプルにもっと自分を愛せと、

この言葉で乗り切ろうと思います。

 

禅人

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です