初心にかえる 上手く行かない時や辛い時にやる気をだす方法

初心にかえる。

 

明日で誕生日を迎えるわたしはこの言葉がふと頭に余技り、

このブログの名前の由来にもなっていて、

書き始めた場所である『Route 66』に来ています。

 

ルート66はアメリカのシカゴダウンタウンからアメリカ西海岸のサンタモニカまでを繋ぐ道。一度は、聞いたことがあるのではないでしょうか?

道という言葉はとても好きです。

 

様々な意味を持っていて、日本語を代表する漢字の一つではないでしょうか。

 

人生というものも、わたしたちは常に道にいて進んだりとまったりたまに少し戻ってみたりしているのだと感じています。その道筋は消える事はありません。

たまにこの道筋が本当にあっているのかを考えたりするのです。

なので一度道を辿り返してみる。

それが、わたしの言う初心にかえるになります。

 

初心にかえるとは、日本のことわざです。

今まで自分がこれまでしてきたことを見直しながらも初めの気持ちを今一度思い出すことを意味します。自分がどのくらい成長してこれたのかも考える良い機会になります。

 

日々の生活に忙しくしてたりしていると、

初心にかえることを忘れてしまい、自分がどのくらいいままでがんばってきていたかを認めてあげられなかったりします。自己肯定感を上げるには、小さな昇進も認めてあげる事が大切になります。

 

初めにどのような人生を送りたかったのかを考えて見て下さい。

どのような場所にいて、

どのような人たちと時間を共にし、

何をして生きていきたいのかを思い出すことが出来ると思います。

 

というのも思い返す機会がないと忘れてしまうぐらいたくさんの情報やいわゆるバグのようなものが世界にはちりばめられています。

それはテクノロジーの進化ともいえるし、

それが進化していくことで私たちを快適にしているのは間違いないのですが、

そのお陰か物事を自分で考える力が弱くなっているように感じます。

 

デートをする相手だって機械に選ばせてしまったりするくらいですから。自分で選んでいるように見えて、AIがあなたに合う人を何千人何万人と登録している中から選出もしています。

本当は行きたい場所があるのにも関わらず写真や動画の普及で疑似体験だけで脳が満足し現地に行かなくてもいいやと思うくらいに、映像で景色や体験までも楽しめるようになりました。

正直、わたしも良くLINEで家族との会話を楽しむ事が出来る今の現代のテクノロジーに感謝もしています。

 

しかしながら、

初心にかえると。

現在の進化と同時に、昔にしか体験や感じる事のできなかった良きこともたくさんあったことを思い出すことが出来ます。

 

例えば、

携帯電話なんてなかったので、好きな子に電話する時はいつも彼女の親が出てきました。そうなると年頃の子供は、なかなか毎回電話するのも気軽にできずにいました。

そんなもので、学校の帰り道の途中、ゆっくりゆっくり歩いて彼女が道端で追いついてくるように歩いてみたりしたころもありました。

現代であれば、携帯でメッセージ送ってはい終わりですね。メッセージ前に頭では、送ろうか否か悩むでしょうが、やることはそれだけ。

昔のようなどのようにして相手と合うかの方法を考えてさらにはそうやって体や時間を使った情緒を楽しむ事が出来ません。今それしたら、ストーカー?電話したら?ってなりますね。

もちろんYOUTUBEもFACEBOOKもINSTAGRAMもありませんので、スマートフォンをいじっている今、昔はその代わりに何をしていたんだろうと考えました。

そしたら、やはり恋愛をしている相手の事だったり、将来のことだったり、

自分の事を良く考える時間があった事を思い出しました。

日本にはサブカルチャーがあふれているので、漫画も絵もテレビゲームもたくさんしていましたがね。

 

それでも今よりは、

自分の第五感に正直に生きれているようでした。

 

昔、夏の夜の田んぼからくる風がとても心地よく幸せを感じていました。

それが今たまにジムの帰りに同じ感覚になれるので、

筋トレが好きになったのだと思います。

 

初心にかえることは、感覚を思い返せること。

当初の熱い気持ち。どう人生を生きていこうか考えに考えていた昔を思い出す。

 

今現在、

悩みに苦しみ、今何をしていいかわからない方ややる気の出ない方には、

『初心にかえる』ことが重要です。

 

もし本当につらいのなら、一度、気持ちをリセットしてもいいのです。

将来の夢や理想の未来像、仕事や結婚、恋愛など様々な生き詰まりを初心にかえること、童心にかえることで今では無理だと思っていることがなんか出来そうな気がしてきます。

それは、

今までのして生きた事は決して無駄ではなく、今のわたしたちを手助けしてくれるからです。

 

かなり凝り固まった頭に大人になりなってしまいましたが、

まだいろんな道があるのです。

 

しかもそれのヒントが昔にあったりします。

どのように恋愛をしていくのが好きだったかとか、どのような遊びが本気でやってたとか、どんな場所でどのように感じていたかとかたくさんの感情を揺さぶられた思い出がわたしたちにはあります。

 

だからTinderなどのマッチングアプリからのプロフィール情報では得られない直感『人のオーラ』で付き合う人を決めたりできた。

これは、オンラインデートが始まって以来、出会いは気軽になったけれども全員が選択の多さに、男女ともに人選びに困惑させられることになる。

わたしたちの実際の価値はインスタグラムのフォロワーの多さでもないのに、その数を気にするようになり、本当の友達と呼べる人たちとの会話が減ってしまう。昔は、感情トークなようなものであふれていた。

 

自分の正確な感情がわからなければ、

何をしていいか分からなくもなるし人生も辛くなる

そして昔のような熱い思いで何かに取り組む事が出来なくなってします。

 

今一度初心にかえりましょう。

ワクワクすることが出来ます。

嘘ではありません。

初めは皆子供であったし、小さなことでワクワクしていたはずです。

 

アイスクリーム、暑い日に食べれただけで幸せでした。

高校のバイトの初給料日、6万円。それでも好きなシューズが買える高揚感。

初恋の子とラッキーにも立ち話(ゆっくり歩いた結果)、最高の時間。

 

そんなこんなで、初心を忘れずにたくさんの思い出を振り返ってみると今自分がどんな状況であれ、最高の人生をいくらでも送れることに気が付くことが出来る。

 

是非とも、

この忙しい夏の日。

 

田んぼのど真ん中で、夜空を見上げて風を感じてみて下さい。

きっと、

やる気どんどん出てくる事でしょう。

 

禅人

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です