物事の良し悪しはあなたではなくタイミングである

今日ふと朝思ったことがあるので記事にしたいと思います。

物事がうまく行かなかったときに、

どのように考えたりするでしょうか?

例えば、

友達を食事に誘ったけど断られた。

仕事の案件をお願いしていたクライアントにキャンセルをくらった。

バスを待っていたけど、まったく来ない。

車を運転していたら、ぶつけられた。

など、

どのようにその時自分が感じているか考えたりしたら、

結構、ネガティブに自分の運が悪いなんておもったり、

誘いを断られたのも相手に嫌われているのかもと思ったり、

運転事故なんて相手もいるにも関わらず自分を一日中責めたりしています。

何であの時こうできなかったのか、と。

すべて悪い事が起きると自分のせいにしていたり、運が悪いなんて思ったりしていることが多いのです。

 

 

でも、

実際は違う。

友達に食事を断られたのやクライアントのキャンセルもただただタイミングが違っていただけ。

待っているバスがこないのも、車の事故もただの偶然によって起きたものでわたしの運のせいでもなんでもない。

 

////物事の良し悪しはあなたではなくタイミングである////

いい事があるとわたしの運はいい、ではない。

悪い事があるとわたしの運は悪い、でもない。

あなたやわたしの出来事は、

ただ地球がただまわってるように、

ただタイミングでそう合わさっただけ。

 

考えると、恋愛や仕事は分かりやすい例えです。

恋愛では、相手に彼氏彼女がいる時に誘っても上手くいきませんし、それは、あなたやわたしが価値のないわけでも、行いが悪いのでもない。

仕事も、案件が通らなかったのも必要でない時に売り込みをしてしまっただけであって商品やサービスが悪かったせいではない。

昔からなにか失敗すると自分の未熟さのせいにしたり、

運が悪いなんて思っていた私は、

この気付きでとても救われました。

いつも自分なんて相手にされないダメな奴だ、なんて思ってしまう人は、物事の結果はすべてタイミング。

あなたのせいでは決してないのだ。

 

 

極論を言えば、

デートをすっぽかしてフラれてしまったよ。とあると、その人が悪いように見えますが、

それもたまたまそういうデートをすっぽかしたら嫌うよって相手だっただけで、

こういうと誤解があるかもしれませんが、

わざと遅れる恋人。は、そう選択しているわけであってそれがいいもわるいもないし、そこで待っている恋人も遅れている人を待つという選択をしているだけにすぎない。

不本意に遅れてしまった恋人。は、そうなってしまったのはわざとではないのでそういうタイミングであっただけであなたが悪いわけでないし、待っている恋人もそれを理解できないタイミング(心模様)だっただけである。

 

わたしたちは日々最善の選択をして生きていると思う方が、

とても生きやすく、

幸せな考え方だと思います。

どんなことがあっても、それはあなたが悪いのではないのだから。

 

禅人

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です